看護師

自律神経失調症を疑ったら心療内科を受診してみる

自律神経の働きを整える

女の人

心と体のバランスを取ることはとても大事とされていますが、その調子を乱しますと自律神経失調症を起こします。 自律神経失調症に見舞われると様々な症状に悩まされ、生活がうまくできないといったことが出てきますので無理をせずクリニックへ相談する方法をとります。

詳しくはコチラ

現代人が抱える病

女医

自律神経失調症には多くの症状があり、その原因も人によって異なります。また、理解されにくい場合もあり、トラブルに繋がることもあります。しかし生活態度や食事、ストレスなどに気を使えば予防していくことが出来る病です。

詳しくはコチラ

心と体に注意しましょう

ハートを持つ医者

多くの症状があります

体に明らかに異常があるのに、病院へ行って検査をしても何も悪いところはなかったというようなことはありませんか。そのような場合は自律神経失調症かもしれません。自律神経失調症とは、自律神経のバランスが悪くなって起こるいろいろな身体の不調のことを言います。症状としては頭痛や耳鳴り、口の渇きやのどの異物感、めまいや動悸、息切れや酸欠感、手足のしびれや多汗、冷や汗、倦怠感や不安感や不眠等、とても多くの症状があり、人によって大きく違ってきます。また、自治津神経失調症になる原因も人によってさまざまです。生活リズムの乱れやストレス、環境の変化などがあります。人それぞれに合ったいろいろな治療法で、ゆっくり改善していきましょう。

治療の方法は何でしょう

自律神経失調症の治療は一般的に、心と体の両方に働きかける方法と生活環境を見直していく方法があります。性格や体質にも向き合って改善していくことが大切でしょう。薬を服用したり、カウンセリングを受けたり、指圧やマッサージを受けてみるのも良いでしょう。また、音楽を聞いたり、アロマテラピー等も有効です。そして何より、普段の生活習慣をしっかり見直してみましょう。規則的に食事がとれているか、栄養バランスは整っているか、睡眠不足や運動不足になっていないかなどのチェックをしてください。ストレスをため込まず、こまめに発散することや、心にゆとりを持つことも大切です。自律神経失調症は心と体の両面のいろいろな要素から起こる病気なので、心と体の両面からしっかり治していきましょう。いまは精神的な部分から解決してくれる心療内科などもあるので、そこで検査や相談をするというのも一つの手段となっています。

心の不調は身体の不調

看護師

自律神経失調症とは、長期的なストレスなどで精神状態が腹痛や下痢などの体の不調として表面化する疾患です。主に心療内科で治療を行いますが、ストレスを感じている環境や生活習慣の改善をすることで、治療がよりスムーズに進みます。

詳しくはコチラ